メニュー

WordPress用のデータベース作成方法

WordPressをインストールするためには、データベースが必要です。

データベースというと分かりにくいと思いますが、WordPressのあらゆるデータを保存するための大きな図書館のようなものです。

分かりやすく分類された様々なデータがキレイに並べられていて、いつでも自由に使えるようにしてあるのがデータベースです。

WordPressのインストールには2つの部品が必要です。

  1. インストールファイル
  2. データーベース

データベースはWordPressの心臓部。

車に例えるならエンジンの部分がデータベースで、シャーシやボディーがWordPressのファイル達です。

WordPressのデータベースには、MySQLというデータベースを使用します。

とはいっても、あまり難しい事を考える必要はありません。

WordPressのデータベースを作る方法は以下の2ステップです。

  1. 容れ物を作る
  2. アクセスできる人を作る

2種類のデータベースの作り方

データベースの作り方は契約しているレンタルサーバ(ホスティング)によって異なります。

ですが、通常は以下の2つのいずれかになります。

  • 独自のコントロールパネルからデータベースを作成
  • phpMyAdminから作成

のいずれかです。

独自のコントロールパネルからデータベースを作成

ホスティング会社によって異なります。

WordPressに使用するデータベースに必要な情報は

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード

の3つです。

ホスティング会社によって作成方法は異なりますが、作成後に取得できる情報はどれも同じで上記の3つになります。

上記3つの情報をメモしておけばOKです。

phpMyAdminからの作成

phpMyAdminは汎用のMySQLサーバ用の接続クライアントです。

分かりやすく言えば、ブラウザからデータベースにアクセスできるツールです。

VPSや一部のホスティング会社ではphpMyAdminからデータベースを作成します。

データベースを作成する

データベースを新規作成するに、任意の名前を入れて(アルファベットで分かりやすいもの)「作成」をクリックします。

phpMyAdminでデータベースを新規作成

すると、データベースが作成されます。

作成されたDB

ユーザーを作成する

上のタブからユーザーを選択する

ユーザータブを選択

ユーザーを追加する]をクリックしてユーザーを追加

ユーザーを追加する

次に、ユーザーを作成します。

phpMyAdminユーザー作成.png上から

  • 任意のユーザー名(アルファベット)
  • ローカルを選択 * パスワード
  • パスワード(確認)
  • 「全てチェックする」にチェック

で、「実行」をクリックするとユーザーが作成されます。

以上でWordPress用のデータベースは完成です。

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード

は、WordPressをインストールする時に使用します。

分かりやすいところにメモして置いておいてください。

テツ夫

テツ夫

Digima Pty.Ltd. CEO デジタルマーケティング、WEB集客・販売、コンサルティング、セミナー事業
20年を超えるSEO・コンテンツマーケティング・オンラインセールス・コンテンツビジネス・アフィリエイトマーケティングの経験を活かし、5億円/年のWEB集客や1億円以上のデジタルコンテンツ販売事業を複数立ち上げる。

はじめてのワードプレス。レンタルサーバどこがいいですか?

ってよく聞かれるんですが、ココをオススメしてます。

レンタルサーバとは長い付き合いになります。サイトの引越は知識も技術も必要なのでタイヘン。

なので、できる限り長く使えて安心で、安く使えるレンタルサーバを選ぶコトをオススメします!

 

→ はじめてのレンタルサーバならココ!

もくじ

Scroll to Top